So-net無料ブログ作成
検索選択

ハッチポッチステーション [音楽]

ハッチポッチステーションって番組があったそうです。
NHKの教育番組だそうで・・・・・
しかも子供向け。

恥ずかしながら、こんなの知りませんでした。
たまたまYouTubeで見つけたのですが、グッチ裕三、最高です。

今、来日しているエリッククラプトンからロック好きならばどなたもご存知のアーティストのパロディー。

この世代、ド真ん中の私は、腹をかかえて見てしまいました。
いやぁ、面白かったです。
画質は悪いけど、音はまぁまぁかな?

50代、60代には絶対に受ける映像です。(^.^)





エリッククラプトン



ビートルズ



クイーン



ABBA





ローリングストーンズ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パソコンでラジオを聴く [音楽]

ラジオは、ラジカセ、ミニコンポなどで聴けば良いのですが、停電だったら?

今は、パソコンスマートフォンなどで、停電でもバッテリーで動く端末ならば聴く事が出来ます。

それは radiko.jp

私は、FMヨコハマを良く聴きます。
今、パソコンで聞いていますが、かなり音は良いです。しかもステレオ
パソコンには、YouTube などを見るので、まぁまぁのスピーカーを接続していますが、雑音が無いので良い音です。

携帯端末から自宅のスピーカーシステムに電波で飛ばして聴くと良いらしい。
(某所からの情報)

http://radiko.jp/howto/

今は試験放送中だそうです。本格配信は無料?有料?(^_^;)

下の画像をクリックして、聴きたい放送局を選んでクリックするだけ。

名称未設定 1.jpg

ミニ情報でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ザ・ベンチャーズの再放送 [音楽]

今日、NHKのBShiで放送していた番組「我が青春のエレキサウンドベンチャーズ結成50周年スペシャル」録画したのを、今、観終わりました。
えがったデス。(^.^)
去年9月に放送したらしいのですが、我が家はその当時はBShiは映らなかったので観ていませんでした。
BShiが観られるようになったのは、ごく最近です。

ザ・ベンチャーズ、最初のヒットした曲の発表から50周年記念ですと・・・50年ですよ?凄いの一言。
現在は、初期のメンバーからいえば、サイドギターのドン・ウイルソンしか残っていませんが、それにしても素晴らしいです。

思わず、TV画面を携帯カメラで撮っちゃいました。(^.^)

F1000027.jpg

F1000026.jpg

まったり寝ていたワンたちも、大音響ノリノリでした。(^.^)

F1000025.jpg

隅っこでめげずに寝ているのも居ましたが・・・・・・・(^_^;) それは、リコちゃんです。

F1000023.jpg

ザ・ベンチャーズを知らない若い人も、ちょっとだけ聴いてください。
私たちの年代の青春時代は、こんな音にしびれていたんです。そして、飽きもせず50年も続いているって?(^_^;)



そして、明日からは、またもや楽しみな番組があります。
はい、録画予約は済ませました。(^.^)これも見逃せません。

http://www.nhk.or.jp/bs/superlive/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Bossa [音楽]

普段、私が聴く曲は、殆どがロックです。それも古いのを・・・・・
でも、たまーーーーーに、ボサノバ、レゲエなんかも聴きます。

日本人だとボサノバは小野リサさん??フランス人だと・・・・・・・・・Clementine

photo.jpg

この人が最近出したアルバム、日本人ならば、殆どの人が知っている曲をカバーしました。

アルバムの中の一曲を騙されたと思って聴いてくださいナ。

ねっ! 知っていたでしょう???なにせ名曲ですからぁ~。[わーい(嬉しい顔)]

アルバムの紹介は

http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/Clementine/#

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

The Beatles [音楽]

9月に発売された、リマスター盤のアルバムに、MINI DOC というおまけの映像がついています。

発売、発表された年代順に、そのビデオ(3~4分)をまとめて載せます。説明文は、ウィキペディア(Wikipedia)より。

plueese.gif

プリーズ・プリーズ・ミー - Please Please Me(1963年)
ビートルズの記念すべきデビューアルバム。シングルで先行発売された4曲を除く10曲を、ほぼ1日でスタジオでライヴ録音したもの 。正味レコーディング時間は、6-7時間といわれている。




a_wth.gif

ウィズ・ザ・ビートルズ - With the Beatles(1963年)
ボーカルのダブルトラッキングも使いはじめているが、2トラック録音である。彼らの初期作品の中ではラフで泥臭い印象で、当時はヘビーなサウンドに聞こえたことであろう。



hard.gif

ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night(1964年)
同名映画のデジタルリマスター版が公開されてからは「ハード・デイズ・ナイト」、または原題の「ア・ハード・デイズ・ナイト」と呼ばれることが多い。アルバムのタイトル曲は、リンゴのふと漏らしたつぶやきから決定した映画のタイトルに合わせてジョンが作ったもの。それまでのカバー曲とオリジナル曲で構成されたアルバムとは異なり、初めて全曲オリジナルの構成で発表された。



for.gif

ビートルズ・フォー・セール - Beatles for Sale(1964年)
1964年のクリスマス商戦に合わせてツアーの合間に作られたため、1、2枚目のアルバム同様、ビートルズのオリジナル曲にカバー曲を加えて短期間で録音された作品。彼らのアルバムの中ではカントリー色が強い。

For-sale


help.gif

4人はアイドル - Help!(1965年)
レコードではA面、CDでは前半が映画のサウンドトラックである。「悲しみはぶっとばせ」「イエスタデイ」では、セッションミュージシャンが起用されている。タイトル曲「ヘルプ!」は、映画のタイトルに合わせてジョンが作った曲であるが、邦題に反しアイドルとして活動することに対しての息苦しさを(無意識的にではあるが)歌った曲となった。

Help


rubber.gif

ラバー・ソウル - Rubber Soul(1965年)
このアルバムの収録曲は、ハードなナンバーにはサウンドの変化が起きつつあるものの、この後に聴かれる「サイケ」色はほとんどない。「ミッシェル」や「ノルウェーの森」に代表される、バラード系やアコースティック系の曲が多い。このアルバムで初めてジョージが持ち込んだインドの楽器シタールが、「ノルウェーの森」で演奏されている。ジョンとポール双方の作品も質・数ともにバランスが取れはじめ、ジョージも佳作を出し始めてきた時期の作品



revolber.gif

リボルバー - Revolver(1966年)
ロック色の強いアルバムだが、サイケデリックな特徴が出始めた作品でもある。この頃からスタジオテクノロジーも駆使しはじめ、複雑化したサウンドが主流となって、スタジオで出す音をステージで再現することは不可能になった。1966年のコンサートでは本作品からの曲は披露されず、以後ビートルズはコンサートツアーを停止した。

Revolver


sgt.gif

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド - Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(1967年)
世界初のコンセプト・アルバムと呼ばれ、その後のポップ・ミュージックに大きな影響を与えた作品。本作によってミュージシャンとしてのビートルズの名声は決定的なものになったとされる。



magic.gif

マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour(1967年)
同名映画のサウンドトラック(英オリジナルはEP盤で発売)に、同時期に発表されたシングル曲を加えLPアルバムとした編集盤。後にイギリスでもリリースされた。CD化の際には英国オリジナルアルバムに準ずる扱いを受けている。楽曲の発表順では『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』の後に位置する。詳細は当アルバムの項目を参照のこと。



1.gif

ザ・ビートルズ - The Beatles(2枚組)(1968年)
通称『ホワイト・アルバム』。アップルレーベルの初アルバムで、オリジナルアルバムでは唯一の二枚組である。ソロ色の強い作品を『ビートルズ』のブランド名のもとにまとめた印象の強い作品で、メンバーの個性の競演とも、あるいは散漫とも評される。30曲収録というボリュームで、曲調はバラードからギターの弾き語り調、ボードビルからハードロック、ミュージックコンクレート風まで幅広い。



yellow.gif

イエロー・サブマリン - Yellow Submarine(1969年)
レコードではA面 (CDでは前半) のみがビートルズの作品。メンバーが当初乗り気でなかったので、既録音の余った曲や捨て曲が主に入れられたとも言われている。レコードB面 (同じくCDでは後半) はジョージ・マーティン作曲・編曲による、オーケストラでのサウンドトラック (フィルモグラフィーなども参照のこと) 。



abbey-rord.gif

アビイ・ロード - Abbey Road(1969年)
ビートルズとしては、実質的に最後に録音されたアルバム。解散に向かっていた頃の作品で、メンバーの中には「最後のレコードになるだろう」という意識を持っていたものも居た。完成度は非常に高く、レコードB面に収録された、未完成曲を繋げた「メドレー」でも知られる。四人が横断歩道を歩くジャケット写真は特に有名。




let-it-be.gif

レット・イット・ビー - Let It Be(1970年)
1969年初頭のセッションで録音された音源を元に、フィル・スペクターがプロデュース、というよりは同音源にテープ編集やストリングスやコーラスを加えることによって作品としたもの。特に、「ロング・アンド・ワインディング・ロード」では、実際の作曲者であるポール・マッカートニーと、ストリングスやコーラスのダビングをめぐってアレンジ面での意見の衝突があった。
曲目が全て一緒ではないが、当時の曲の本来のアレンジに近く編集・リミックスされたアルバムが、2003年11月、『レット・イット・ビー...ネイキッド』として発売された。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビートルズ その2 [音楽]

9/11に借りたCDを聴きましたが、音が良くてしびれました。(^_^;)

こういう曲は、少しボリュームを大きくして、低音のベースを効かせると最高です。
これならば、初期のころのアルバムも良いんじゃないかと思って、全て借りてきました。(未公開曲のアルバムは貸し出し中)

1.jpg

とりあえず、全曲、MP3のデーターとしてパソコンに取り込みましたので、約200曲はいつでも使えます。

このCDには、それぞれのアルバム製作に関わるエピソードの映像も入っていました。
クイックタイム・ムービーのデーターです。 (拡張子は、mov )このデーターもそのまま編集ソフトに取り込めるので、14枚のアルバムの良いところだけ繋げて、個人的なベスト・プロモーション・ビデオも出来ますね。
実際、そこまで暇じゃないので、時間があればの話ですが。

2.jpg

↑は、イエロー・サブマリンのP・V。


どのくらい音が良くなったかというと・・・・・・・・・試しに聴いてくださいな。(1週間で削除します)
(オー・ダーリン)

http://www26.tok2.com/home/windmill/music/Oh-Darling.mp3

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビートルズ [音楽]

若かりし頃、たくさんの刺激を受けたビートルス。
既に、メンバーの二人は亡くなっている。しかし、音楽はそういう背景を超えて曲を聴けば当事のことが思い出されます。
CD-BOXは高くて買えません。(^_^;)
ツタヤでは、いつもはCDを借りませんが、今回は少しだけ借りました。

BERATLES01.JPG

何故、今回借りたかというと・・・・・・・・

詳しく知りたい方は、↓画像をクリック
バラの花やコーギーの映像にBGMを付けますが、これから、このビートルズが多くなりそうです。(^.^)

BEATLES.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Something [音楽]

来月コンサートの予定、エリック・クラプトン
武道館のチケットをとろうか熟慮した結果、今回も見送り・・・・・・残念。
ライブのDVD観賞で我慢しましょう。

この映像は、ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンの追悼コンサートの様子。
エリック・クラプトンが中心になって企画されたものです。
最初の方に出てくる少年は、ジョージの息子。そっくりですねぇ~。彼もこのコンサートで豪華な
メンバーと一緒に演奏しています。

ポール・マッカートニー、リンゴ・スターも出ています。

曲は"Something"、1969年9月にビートルズが発表したアルバム『アビー・ロード』の収録曲であり、
同年10月にシングル・カットされ21枚目のオリジナル・シングル曲ともなった。ジョージ・ハリスンの作品。



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感